社員研修ってあるほうがいい?ないほうがいい?

社員研修がもたらす効果をまず知ろう!

社員研修を目的なく実施しては、ないほうが良いです。ですが、目的さえ明確なら、やる価値は十分にあります。
社員研修ではまず、仕事をする上で欠かせないコミュニケーション能力を鍛えることができます。社員同士(仲間同士)とのコミュニケーションを深め、協力し合える環境を生み出します。仕事の効率を上げ、連携をスムーズにします。また、意見の交換をすることで、自分1人では到底思いつかないことを、新たに頭の中にインプットする場となります。特に、同じ部署内ではなく、他の部署の人たち、さらに上下関係の枠を超えた研修なら、十分にやる価値はあります。
これらのことから、新入社員やベテラン社員関係なく、社員研修は定期的に必要です。

社員研修をやらない場合はどんな場合か?

目的もなく、ただ集まるのような社員研修になるなら当然やる必要はありません。また、社員が少ない場合や、研修時の社員がいつも顔を合わせている場合は必要はありません。
そもそも、社員研修を実施するメリットは各々の仕事のレベルを上げ、会社にプラスになることです。社員1人1人の仕事に対する意識が高いだけでなく、コミュニケーションを十分に取れる場にしなければなりません。これらを満たさない場合もやる必要はありません。とくに、位の高い人(上司や役員)が一方的に意見を押し付ける(話すだけ)研修も必要はありません。
社員研修のメインは、社員同士の交流にあるので、これらを満たさないなら当然、やらない方がメリットとなってしまいます。